産廃.com製品・サービス > 焼却炉解体・撤去

焼却炉解体・撤去

既存の焼却炉の処分にお困りの方、ぜひお問い合わせ下さい。

解体の様子

2002年12月施行の改正廃棄物処理法により使用できなくなった焼却炉は、
解体・撤去する必要があります。

万全のダイオキシン対策で焼却炉解体もお任せ下さい

ポイント1

施工前の調査・分析〜焼却炉解体〜撤去後の周辺環境調査までトータルで実施

実際に工事をする場合、下記のように極めて多岐にわたります。

補助金調査、解体工事計画の立案、施工前の調査・分析、
安全衛生管理体制の確立、工事計画の届出、ダイオキシン濃度測定、
焼却炉解体・撤去、廃棄物の後処理、周辺環境調査

これら焼却炉解体・撤去に関わる内容をガイドラインに沿って総合的に実施致します。


焼却炉解体も違法業者に依頼すると罰せられます!

廃棄物処理の委託業者が不法投棄した場合、排出事業者にも罰則が科せられるの同様に、焼却炉解体に関しても委託業者が違法すると委託した側も罰せられます。
弊社は環境ビジネスで21年の実績がありますので、安心してお任せ下さい。


ポイント2

解体・撤去後の跡地利用の対応

跡地利用のために、土壌・地下水汚染診断と浄化対策なども可能です。


ポイント3

小型焼却炉から大型焼却炉まで適性撤去

小規模(処理能力50kg/h)の焼却施設から大規模なものまで対応可能です。

焼却炉解体工事のフロー(50kg/hr未満)
焼却炉解体工事のフロー(200kg/hr以上)

移動可能な小型焼却炉に関しては、専用施設にて洗浄・解体することが可能です。
専用施設で解体を行うことにより、新たに養生を行うことがなく、
ダイオキシン類の分析費も抑えることができますので、
焼却炉解体・撤去の費用を通常よりも安くできます。




その他の規制対応するための焼却炉 改造工事
(比較的新しい)焼却炉の買取なども下記よりお問合せ下さい。


お問合せ・資料請求