産廃.com基礎知識 > 産業廃棄物処理施設の定義

産業廃棄物処理施設の定義

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)施行令第7条に記述されています。

No. 処理施設 詳細
1 汚泥の脱水施設 処理能力が10m3/日を超えるもの
2 汚泥の乾燥施設 処理能力が10m3/日を超えるもの
天日乾燥施設の場合は、処理能力が100m3/日を超えるもの
3 汚泥の焼却施設
PCB汚染物、PCB処理物であるものを除く
焼却能力が5m3/日を超えるもの
or
処理能力が200kg/h 以上のもの
or
火格子面積2m2以上のもの
4 廃油の油水分離施設 処理能力が10m3/日を超えるもの
海洋汚染防止法第3条第14号の廃油処理施設を除く
5 廃油の焼却施設
廃PCB等を除く
焼却能力が1m3/日を超えるもの
or
処理能力が200kg/h 以上のもの
or
火格子面積2m2以上のもの
海洋汚染防止法第3条第14号の廃油処理施設を除く
6 廃酸・廃アルカリの中和施設 処理能力が50m3/日を超えるもの
7 廃プラ類の破砕施設 処理能力が5t/日を超えるもの
8 廃プラ類の焼却施設
PCB汚染物、PCB処理物であるものを除く
処理能力が100kg/日を超えるもの
or
火格子面積2m2以上のもの
8-2 木くず(第2条第2号)、又はがれき類の破砕施設 処理能力が5t/日を超えるもの
9 金属(別表第3の3)、又はダイオキシン類を含む
汚泥のコンクリート固形化施設
全ての施設
10 水銀又はその化合物を含む汚泥のばい焼施設 全ての施設
11 汚泥、廃酸又は廃アルカリに含まれるシアン化合物の分解施設 全ての施設
11-2 廃石綿等又は石綿含有産業廃棄物の溶融施設 全ての施設
12 廃PCB等、PCB汚染物又はPCB処理物の焼却施設 全ての施設
12-2 廃PCB等又はPCB処理物の分解施設 全ての施設
13 PCB汚染物又はPCB処理物の洗浄施設又は分離施設 全ての施設
13-2 産業廃棄物の焼却施設
3,5,8,12に記載したものを除く
処理能力が200kg/h以上のもの
or
火格子面積2m2以上のもの
14 遮断型最終処分場 有害な産業廃棄物
安定型最終処分場 廃プラ類、ゴムくず、金属くず、ガラス・陶磁器くず、がれき類で有機性の物質、油分及び有害物質を含有又は付着していない廃棄物
管理型最終処分場 上記2つ以外の産業廃棄物


平成16年度で新規施設数が最も多いのが、木くず又はがれき類の破砕施設(679)で、
次いで汚泥の脱水施設(279)、廃プラ類の破砕施設(211)となっております。

参考文献:産業廃棄物処理施設の設置、産業廃棄物処理業の許可等に関する状況(環境省)